レジェンド ~ Ultimate Basketball Championship ~

REPORT:LEGEND CLASSIC

LEGEND CLASSIC @ 新木場スタジオコースト(09年12月20日)



さて、LEGEND CLASSICが何たるかについては散々書いたり話したりしたので割愛するとして。ひとまず、MC MAMUSHIの登場~、wass upするぞ!久々のLEGENDレポート、久々のMAMUSHI SAYSだね。もちろん、もう書き方もひな形も忘れてしまったけど、とりあえず書いてみるから、ドープでデュードなLEGENDラヴァーズのみんなはこれでも眺めて年始を過ごしてくれ。LEGENDの第1章を終えるべく招集された24人のボーラーたちによる1DAYトーナメント、LEGEND CLASSIC。



俺たちが血反吐を吐きながら紡いだLEGEND STREETBALLという青春。久々のLEGENDのバイブスに喰らってアガっちゃった一日だったし、別にLEGENDがなくなるわけじゃないのに何故か切なくなったパラドックスな一日のレポートのスタート。



■GAME1
TEAM PURPLE[ST/SOGEN/YOSK]32
vs
TEAM GREEN[DELA/MZ/TAKU]29



新旧入り乱れて招集された24人のボーラーズを8チームに分け、もちろん3ON3のゲームでトーナメントを開催。1回戦のゲームタイムは4min×3R。GAME1、現役LEGENDボーラーで構成されたPURPLEと4代目王者TAKUを擁するGREENの一戦は、オープニングゲームに相応しいタイトなクロスゲームだったよ。







印象的にキュンキュンだったのはST、YOSK、TAKU辺りかな。相変わらずTAKUは素晴らしいね。ベストに限りなく近い存在だと思う。それをおびやかすだろう存在がYOSKだとも思ってるけど。



一進一退の攻防は終止続き、29-29同点で「これは延長戦だろう」と高を括ってたら決まっちゃったよ、STのブザービート3P!!!会場も激アガリ!!!TAKUのプレイはベストだったし、スマートだった。すげータイトなグッドプレイの数々。でも、それを漲りと勢いで覆したSTはビゴップ!予想外の結果にDELA/MZ/TAKUはもちろん呆然よ。



■GAME2
TEAM RED[ATSUSHI/KOYAS/YAMA]26
vs
TEAM GRAY[ぬま/JUN/SHIN]29



下馬評ではREDの3人、ATSUSHI/KOYAS/YAMAが勝ち残ると予想する奴が多かったが、蓋を開けてみればぬま/JUN/SHINの完勝だったように思うわ~。わざわざ岩手から参戦してくれた超人YAMAにはLEGEND巧者なぬまがマッチアップだったんだけど、これが勝負の分かれ道だったのかもな。YAMAの瞬間移動のようなシェイクにぬまは一切付き合わず、YAMAのドライブは序盤から空回り気味。







対してぬまは、今まで見せたことのないようなオフェンシブでいてユニークさに磨きがかかったプレイで着々と加点。さらにはJUNのロングレンジ、SHINのOFリバウンドと手堅く勝利に近づいて行くやり方は、ぬま/JUN/SHINがかなりの場数を踏んできたボーラーだから成せる業だろうな。KOYASもATSUSHIも奮闘したけど及ばずにタイムアップ。GRAYがセミファイナルに進出決定。







■GAME3
TEAM WHITE[MATSU/K2O/CHRIS]20
vs
TEAM BROWN[CHIHIRO/TAIKI/HUMMER]25



LEGEND CLASSIC出場ボーラーの中でも、発表による反響が一番多かったCHRISがGAME3に登場!昔から気の知れた仲間のMATSUと、顔も名前も知らないK2Oと組んだ。



対するBROWNには昨シーズンのチャンピオン、つまり現LEGEND王者CHIHIROがいる。ただ、1ON1の鬼と称されるCHIHIROをビビらせるまでGood DしたMATSUは超ドープだったよ。







CHRISのファンシーなパスからMATSUのリターン、そのままCHRISのリバース気味のレイアップが決まって、さらにAND1までコールされたのがこのゲームのハイライトだったか。ゲームの結果はコントロール役に回ったHUMMER、ロールプレイヤーに徹したTAIKI、MATSUのDFに手こずりながらも、なんだかんだスコアラーだったCHIHIROのBROWNが勝利!ところでK2O、何かしたか?頼むぜ、オイ。お前は未来なんだぜ。2010年はそこらへんよろしく。





■GAME4

TEAM BLUE[Y2/KENTARO/YOU]35
vs
TEAM YELLOW[FUJI/YOHEI/仮エース]39



この日の仮エースは異常だった。恒例の被り物に一切手を出さないで、仮エースが仮エースとして集中して、本気の本気で勝利に執着したプレイにその姿勢が現れてたよ。何かを語りたかったらしいな。その辺の事情については本人がmovieで語ってると思うから俺からは語らないよ。





一寸法師な司令塔Y2に、LEGEND史上でダンカーとしてその存在感を放ったKENTARO&YOUといったBLUE。随所随所でダンクを演出しようと狙ってきた空中戦は見応えがあったぜ。Y2からのアリウープパスをリングにぶら下がりながら拾おうとしたKENTARO、はみ出し過ぎ(笑)。コートトップの位置からルーズボールを奪って、そのままリングに往年のダンクを叩き付けたYOU、超ナイス!







ただ、YELLOWはバランスが良過ぎたな。仮エースは超熱く点を獲り続けて、インサイドにはLEGEND史上最強のビッグマンとも語られることが多いFUJIが仕事したな。逆にYOHEIは何にもしなくてもよかったぐらい仮エース&FUJIが良かった。勝利はYELLOW。仮エースの普段とは違う姿勢に、会場はちょっとしたパニック状態(笑)。



■SEMI FINAL GAME1
TEAM PURPLE[ST/SOGEN/YOSK]44
vs
TEAM GRAY[ぬま/JUN/SHIN]37



ここからは5min×3R。ベテラン色が強く出てたGRAYはとにかく自分たちのペースを崩さないように、相手の強みを摘んでくようなプレイを集中してやり続けていたよ。それでもぬまのアクション、JUNのアメイジングなパス、SHINの震えるような空中戦で十分沸くんだけどね。







それでもPURPLEは勢いとイケイケな姿勢を崩さないで15minアタックし続けたのがグッドだったし、それが勝敗を分けだんだろうよ。ST、YOSKはアウトサイドシュートとドライブインの緩急でGRAYのDFをメタメタにしたし、SOGENはSHINに真っ向から空中戦を挑んでいってたね。結果、44-37でファイナルに進出はPURPLE。まだまだ元気が漲ってるぜ。



■SEMI FINAL GAME2
TEAM BROWN[CHIHIRO/TAIKI/HUMMER]28
vs
TEAM YELLOW[FUJI/YOHEI/仮エース]44(KO勝利)



セミファイナルになっても仮エースの集中は切れなかったな。さらにはYOHEIまでもが疼きだしちゃってOn Fire!!! マッチアップのTAIKIとミスマッチだと見るや否やFUJIもポイントゲッター争いに参戦するかのような連続得点の嵐。BROWNはそのイケイケ点取り合戦に参戦出来るのがCHIHIROぐらいだったのが厳しかったか。相性が悪かったとでも言えばいいのか、とにかくYELLOWの勢いが止まらねぇもんだから、いくらCHIHIROが孤軍奮闘しても点差は開いてく一方だな。





結果、15点差以上つけられての強制試合終了、つまりKO決着をお見舞いされたBROWN。このゲームを見た限り、「どこもYELLOWに勝てねぇな」と思わせるぐらい圧倒的に強かった。







■FINAL
TEAM PURPLE[ST/SOGEN/YOSK]50
vs
TEAM YELLOW[FUJI/YOHEI/仮エース]47





セミファイナルでの圧倒的なKO勝利を見せつけたYELLOWの完全勝利を大勢の観客が想像してただろうけど、そう思い通りにならないのがLEGENDの良いところだし怖いところ。多くの予想を裏切ってゲームのイニシアチブを握ったのはPURPLE!特にYOSK、こいつはいよいよ本当にヤバくなってきたぜ。もうDFがあの手この手で押さえ込もうとするも、それをあの手この手でいとも簡単にすり抜けちまう。とにかく奴がゲームを支配していたよ。もちろんSTもSOGENも同様に相当な存在感を見せつけてくれた。







とはいえ、そんなに素直にファイナルが決着つくわけもなく、ドラマチックな展開を期待するならこの2トップYOHEI&仮エースが怒濤の連続得点!もちろんFUJIも。ただ、FUJIは最後の最後でフリースローを外しに外してたな(笑)。フリースロー外しに新潟から出てきたかって、そりゃ言うでしょ。







一時は大いに開いた点差も最後の最後にはどっちに勝利が転がるとも分からない展開に持ち込まれて、あいやー、これぞLEGENDなゲームに会場中が当てられたもんだよ。それでも最後まで守りに入らなかったPURPLEが追撃を突き放して50-47でタイムアップ!!!奇しくも現役LEGENDボーラーがたまたま揃ったTEAM PURPLEのST/SOGEN/YOSKがLEGEND第1章最後のゲームの勝者に決まったのさと。



楽しい時間はあっという間に終わっちまうもんなんだよな。CHRISのLIVEもAk☆ちゃんとMIKOのLIVEも、俺たちゃ楽屋で大騒ぎさせてもらったし、今までLEGENDを支えてきてくれたファミリーたちが一堂会してくれたことにもアゲさせてもらったよ。





もちろん、大勢集まってくれたファンのみんな、ストリートボーラーズ。みんなに感謝っす。2度読む価値のないテクストなだけに、movieは何度でもこの正月に見てくれ。そして、春の再会に胸でも股間でも膨らましといてくれ。俺たちはしばらくリフレッシュ休暇よ!バイ、ジャパン!!!